十二支とは?月の十二支の語源

 
 
十二支とは?月の十二支の語源

十二支とは?

  十干よりも古く、殷の時代には使われていたともいわれています。
十二支は12ヶ月の順序を示すための記号でした。はじめ、子は正月、丑は二月・・・・・と順ぐりにつけていったものと考えられる。正月を寅としたのは漢時代以降です。

 

月の十二支の語源

寅(とら)

一月。「寅」は「螾」(うごく)で、草木が春の初めにおいて発生する状態。

卯(う)

二月。「卯」は「茂」(しげる)または冒(おおう)で、草木が発生して地面を蔽うようになった状態。

辰(たつ)

三月。「辰」は「振」(ふるう、ととのう)で、草木の形が整って活力が旺盛になった状態。

巳(み)

四月。「巳」は「已」(やむ)で、草木が繁盛の極限に到達した有様。

午(うま)

五月。「午」は「忤」(つきあたる、さからう)で、草木が繁盛の極限を過ぎて衰微の傾向が生じたこと。

未(ひつじ)

六月。「未」は「味」(あじ)で、草木の果実が成熟して滋味を生じた有様。

申(さる)

七月。「申」は「呻」(うめく)で、草木の果実が成熟して締めつけられて固まっていく有様。

酉(とり)

八月。「酉」は「ちぢむ」で、草木の果実が成熟の極に達した有様。

戌(いぬ)

九月。「戌」は切るという意味があり、草木の枯死する有様。

酉(とり)

十月。「亥」は「閡」(とざす)で、草木がすでに凋落して生命の力が、種子の内部に閉蔵されてしまった有様。

子(ね)

十一月。「子」は(ふえる)で、新しい生命が種子の中に萌し始めること。

丑(うし)

十二月。「丑」は「紐」(ひも、からむ)で、萌芽が種子の中に生じてまだ充分に伸び得ない有様。