1年の始めはいつか?

 
 

一年の始めはいつか?

  古今東西それぞれの国家民族集団で、気候・自然条件・宗教・経済・文化等々の理由で、最も都合のよい時点を一年の始めとしています。

  一般に春、農耕の始めを新年とする例が多く、中国では立春をその起点に求め、中近東やヨーロッパでは春分を年始としました。

  古代エジプトでは、エジプトの気候によってではなく、上流の降水によるナイル河の増水と洪水を目標としていました。

  現在行われているグレゴリオ暦の新年は、ユリウス暦のそれを継承したものです。ユリウス暦より以前のローマでは、春分を含むマルチウス(3月)から一年が始まりました。 ところが、一年制の執務官(コンスル)の任期が新年の二ヶ月前と日本立てのような形になり、カエサルによるユリウス暦導入にあたって、政治優先の形で、常用暦の新年を二ヶ月繰り上げて、政治年度の新年であるヤヌアリウス(1月)の1日としてしまいました。

  このように現行暦の1月1日は、まったく人為的につくられたもので、天文学的にも気象上からも、まったく意味のない時に置かれています。